養壷筆 Yang-hu-bi

これは、中国茶検定試験を無事終えた日の食事会の最後に、主宰の先生から一人一人に下さった記念品♪c0007456_23115591.jpg


  「養壷筆」


試験で記念品なんてもらえるなんて思ってなかったからみんな説明を聞いて
「ぉぉぉおおおーーー!!」と歓声(笑)



c0007456_2313288.jpg

そう、中国茶を淹れる時のあの茶壷ってこのヤンフービーと呼ばれる筆でもって
磨いてやることによってツヤも出てきて「味のある茶壷」になるんですって。
(ほぉー!)
茶壷は紫砂壷といわれる宜興紫砂の茶壷に限っていえることなんだそうです。

中国茶を習いだすと、よく「茶壷は絶対宜興紫砂の茶壷!」って聞くようになりましたが、この茶壷には見えないくらいの気泡があってうまく茶の成分が染み込んでいくんです。何度も何度もそうやって淹れていくうちにさらに美味しいお茶を淹れることができるようになるんです♪

ってことは、今から養壷(ヤンフー)せっせとして、30年ものの茶壷目指して頑張ってみよっかな(笑)
[PR]
by pleas-ant | 2005-04-03 23:39 | 中国茶・紅茶・日本茶
<< 朝粥定食@東京ドームホテル 噂通りに美味しいカツ屋!@水道橋 >>