ハービスエントXEX WESTでリッチなディナー

今日は大学時代のゼミ友、女3人でエント開拓、リッチディナー行ってきました。
実はXEX WEST自体レストランだと気づかずに見過ごしていたのですが、友人からイタリアンが入ってると聞きつけ調べてみれば、なかなか雰囲気もお洒落な感じでよさげや~ん♪ってことでココに決定。昨日の夜に予約しておきまして、今日行ってきました。

いつもより力入れてのレポート付です(笑)

まず、エント7階にエレベーターで上がれば、もえあがる炎がお出迎えしてくれます(表現難しいですが暖炉をイメージしてるみたい。)そして、すぐにスタッフの方が笑顔でお出迎えしてくれて、受付のようなウェイティングソファーのようなところで、コートをお預け。

そこからはBARスペース「TheBAR」が見渡せるのですが
なんと贅沢な空間でしょう~(劇的ビフォーアフターのナレーション風(笑))
ソファーあり、カウンター席あり、スタンディングスペースありと、非常に開放的で広々とした感じで見た瞬間に「BARだけにまた来てみたい!」と思わせる感じでした。(お酒弱いんですけど(笑))いやぁ~しかしお洒落です。さらに照明を落とした雰囲気がなんとも贅沢で大人な空間って感じでした。

そして、そのままスタッフの方にフロアの説明を受けつつ奥に進みます・・・。

っと、ぉお~、モダンで粋な感じのすしカウンターが見えてきました。こちらは、近海で採れた新鮮な魚介類を使った江戸前寿司と日本料理エリア「An」とのこと。

そして、さらにワインやシャンパンが綺麗にストック、ディスプレイされた間を通り抜けると生ハムの塊が見事にオブジェ化されているスペースへ。こうゆう塊も堂々と大胆に飾られるとお洒落に見えるものですねぇ~(笑)

途中には、東京は六本木ヒルズに入っていたル ショコラ ドゥ アッシュのチョコのショーケースまでありました!!
(大阪に入ったんですね。私去年東京で並んでましたからぁ^^;)

そしていよいよ本日メインのイタリアンエリア「Salvatore Cuomo Bros.」へ。

ぉお~、ディナータイムで暗めの照明がめちゃめちゃセレブでシックな雰囲気をかもし出しています!!何より「お洒落!!」センス感じました。既にテーブルごとにはディスプレイプレートやカトラリー類ナプキンがセッティングされていたので高級感アップ。

スタッフも適度にイタリア人も混じってて
ボンジョルノォ~♪セニョリータァー(大声)ってな感じのイタリア語でお出迎え。ちょっと恥ずかしい感じもありますが、イタリアン語必須なんでしょうか。
最初から終わりまでイタリアン飛び交ってました(笑)

5800円、7800円、12000円のコースのみしかなく、説明を受けて、3人一致でピッツァもシェアできる真ん中のコースに。

フラッシュ使っていないので、画像が暗めになりました^^;

c0007456_1205185.jpg
パンもあったかく二種類。もっちりしてました。
バターには生ハムを刻んだものが入っているようです。

c0007456_1221061.jpg前菜。切りたての生ハムと柿、魚介のマリネや、モッツァレラとプチトマト、その他私好みの
ちょこっと盛り♪


c0007456_1292291.jpg


ピッツァはハーフでシェアできるとのことで、二種類好きなものをチョイスしました。



c0007456_1301838.jpg


パスタ(メニューからチョイスできます)



c0007456_131491.jpg

メインの仔牛のカツレツ(友人チョイス分です)



c0007456_1314383.jpg

メインの本日の旬の魚の炭火焼 
バルサミコソース
手前に塩・コショウかかってます。

c0007456_1331269.jpg

デザートのティラミス

紅茶、珈琲、エスプレッソからチョイスできます。


食べ終わる頃には満席状態で、さらにイタリア語も飛び交いまくりピーク状態(笑)
結局、真ん中のコースプラス、アルコール二杯、ミネラルウォーターとそれぞれ注文したので1万円オーバーしてしまいめちゃめちゃリッチなディナーになりました。。。

それにしても!ほんと、ここのフロアだけは広々独占してるだけあって独特の雰囲気と演出スタイルで、今までの大阪にはなかった雰囲気感じました。

味云々というよりは、やっぱり雰囲気重視でいただくって感じの印象
のが強かったかな。

帰り際にはThe Barエリア黒人アーティストによる生演奏でこちらもピークな盛り上がりでした。めかし込んだお姉系、セレブ系な方々であふれかえっていました。

こんな雰囲気に浸ってしまうと帰りの電車に乗ることも考えたくないなモードでしたが帰宅の途につく私たちでありました。(笑)7階から降りて駅まで歩いてるうちに一気に現実の世界に戻された感じでした。

たまぁ~に、こんな洗練された刺激的雰囲気も良いですが、やっぱりいつも馴染んでる大阪処を歩くとホッとするなぁ・・・。

************************

大阪府大阪市北区梅田2-2-22 
ハービスエント7F

tel 06-4795-0065
Lunch 11:30 - 15:30 (LO 14:30)
Dinner 18:00 - 25:00 (LO 24:00)

**************************
[PR]
by pleas-ant | 2005-01-14 23:56 | キタ de グルメ
<< なんでもRollなスウィーツ♪... 高い!でも美味い!ほんと美味すぎ!! >>